他社製品との性能比較

オイルスキマー「エコモア」と他社製品との性能比較

パパスがご提供する「エコモア」は、使用済み切削液に含まれる浮上油・浮遊微細スラッジを効率的に吸引・分離・回収するオイルスキマー。従来の浮上油回収装置に比べ、よりスムーズな作業を可能にしています。こちらでは、エコモアと他社製品との性能を表で比較しています。ご検討の際の参考になさってください。

製品名 オイルスキマー
「エコモア」
一般的な
ベルトスキマー
一般的な遠心分離機
価格
比較的安価

安価

比較的高価
設置場所
比較的小さなスペースでも対応可能

基本的にどこでも設置できる

設置場所が限られる
処理量
W吸引ノズルで量が多くても処理可能
×
一度に多くの量を処理できない

多くの切削液を一度に処理可能
処理精度
三段分離槽で高精度の処理が可能

ベルトですくい取る方式なので精度は低め

比重差により成分を分離するため、処理の精度が高い
メンテナンス性
ストレーナーなどの洗浄が容易で、部品の交換が長期間不要

構造がシンプルなため、メンテナンスが容易。ただし定期的にベルトの交換が必要
×
精密機械のため、メンテナンスには専門知識が必要
メリット
  • 吸引性能が高く、大量の処理が可能
  • 浮上油だけでなく、浮遊微細スラッジも同時に吸引・分離・回収可能
  • 精度の高い処理が可能
  • キャスター付きなので、場所を選ばず設置可能
  • メンテナンスが容易
  • 機器が安価
  • コンパクトなため、場所を選ばず設置可能
  • メンテナンスが比較的楽
  • 一度にたくさんの量を処理可能
  • 非常に高精度の処理が可能
デメリット
  • ベルトスキマーに比べると、やや場所をとる
  • 一度に多くの量を処理できない
  • 処理の精度が低い
  • 機器が高価
  • 処理精度を維持するためには高度なメンテナンスが必要