環境衛生対策

オイルスキマー 「エコモア」 の環境への配慮

パパスがご提供するオイルスキマー 「エコモア」 は、金属加工で使った切削液の浮上油・浮遊微細スラッジを効率的に吸引・分離・回収することができる装置
エコモアは不純物回収性能だけでなく、環境への配慮も徹底されています。こちらでは、エコモアの4つの環境衛生対策をご紹介します。

4つの環境衛生対策

1.悪臭改善

クーラントタンクの切削液に浮上油や浮遊微細スラッジがたまると、液面付近に膜を形成し、外部からの空気を遮断します。これにより、空気を嫌う 「嫌気性バクテリア」 が増殖し、独特の腐敗臭を発生させてしまうのです。
とくに夏季はこうした状況が促進されて作業環境が悪化しやすくなり、液交換が必要になることもあります。

当社のオイルスキマー 「エコモア」 は、効率的に不純物を回収することで切削液を常に清潔な状態をキープ。バクテリアの増殖を抑え、悪臭の発生を防ぎます。

» 悪臭でお悩みの方へ

2.オイルミスト改善

金属加工の現場では、切削液自体の油分や工作機械の油分などによるオイルミスト(油の霧)が発生します。
空中に浮遊するオイルミストを吸い込んでしまうと呼吸器系に悪影響をおよぼすことがあるため、極力発生量を減らす必要があります。
エコモアは浮上油を効果的に回収することで、人体に有害なオイルミストの飛散を軽減。作業者の安全性を向上させます。

3.廃棄量の軽減

エコモアの不純物分離工程には、画期的な 「三段分離」 を採用。物質の比重差による分離工程を3回行うことで、精度の高い不純物回収が可能です。

精度の低い回収装置の場合、再利用できる切削液まで回収してしまい、結果的に液の廃棄量が増大してしまいます。
しかし、エコモアなら、不要な浮上油・浮遊微細スラッジのみを回収できるため、廃棄量を最小限に抑えることができ、廃棄にともなうCO2削減にも貢献します。

4.電気不要の 「エア駆動」 

エコモアの動力源には、 「エア駆動」 方式を採用しています。電気をまったく使わずに稼働させることができるため、省エネ・節電効果にもすぐれています。